当社のサステナビリティ

不二サッシグループは、事業内容およびESG分野を含めたサステナブルな社会実現への貢献を目指した考え方や活動をステークホルダーの皆様へより広くご理解いただくことを目的として、ホームページ上で情報を開示しています。

不二サッシ株式会社は、「経営理念」実現のための重要な課題として、『サステナブルな社会実現への貢献「選ばれる企業グループ」』を標榜し中長期的な企業価値の向上に努めています。
そのために、すべての事業活動において環境・社会課題の解決に取り組むとともに、当社グループを取り巻く環境の変化に対応すべくガバナンスの強化を図っています。
こうしたサステナビリティ経営をさらに強化するため、当社は2024年3月、「経営理念」と環境方針、人権方針やコーポレートガバナンス等とを結び付けるサステナビリティビジョンを下記の通り策定致しました。
    サステナビリティビジョン2050

脱炭素に向けた取り組み

不二サッシ株式会社は、「サステナビリティビジョン2050」に掲げた温室効果ガス排出量削減目標の達成に向けて、「不二サッシグループトランジション戦略」(以下、本戦略)を策定しました。
本戦略のうち「排出量削減ロードマップ」では、2030年および2050年をマイルストーンとして定め、Scope1,2,3排出量に関連して、事業プロセスおよび自社バリューチェーンにおいて取り組む削減施策を示しています。また本戦略の実行のための「ガバナンス体制」も示しています。
また、本戦略におけるScope1,2,3排出量の削減目標は、SBT短期目標およびネットゼロ目標の認定を取得しております(2024年6月取得)。本目標は下記の通りです。

時間軸 当社グループの温室効果ガス排出量
Scope1+2 Scope3
短期目標 2030年度までに42%削減 2030年度までに30%削減
(1.5℃水準) (2021年度比) (2021年度比)
長期目標 2050年度までに90%削減 2050年度までに90%削減
(1.5℃水準) (2021年度比) (2021年度比)
ネットゼロ目標 2050年度までにバリューチェーン全体でネットゼロ*を達成
*Scope1+2,3排出量を各90%削減(2021年度比)、残余排出量は中和化


    ※Scope3の2030年度目標の削減対象はカテゴリ1、カテゴリ4、カテゴリ11です。
    ※一部海外グループ会社を目標の対象から除外しております。
    ※Scope3のカテゴリ14 フランチャイズ、15 投資は算定対象外です。
    ※残余排出量:ネットゼロ目標年の時点で、自社のサプライチェーン内で削減しきれない排出量
    ※中和化:自社サプライチェーンの外で、炭素除去技術などを活用し残余排出量を相殺すること

サステナビリティレポート

今年度の報告内容について新しい点は、昨年度までの「CSR報告書」を「サステナビリティレポート」に改称することに合わせて内容の拡充を図ったことです。具体的には、まず、これまでの価値創造の歴史を振り返り、新たに価値創造モデルとして整理しました。また「ガバナンス」では、サステナビリティに関する考え方とリスク管理体制を掲載しました。さらに、不二サッシグループのバリューチェーンを示すとともに、それぞれにおいて未来に向けた方向性と取り組みを紹介しています。
    サステナビリティレポート2023 表紙
    バックナンバー        

「不二サッシグループ人権方針」を策定

不二サッシグループは、「不二サッシグループ人権方針」を2022年10月25日開催の弊社取締役会で決議しました。 当社はこれまでも、経営理念に基づき、働きがいがありハラスメントのない職場環境づくりや差別の禁止、公正な事業慣行に取り組んでまいりましたが、国内外の人権リスクの高まりに対応して本方針を定めました。 本方針が企業活動全体に定着し効果的に実施されるよう、当社従業員のみならず、取引先等の関係者へ働きかけるとともに、企業の社会的責任として、サプライチェーンを含めた当社に関わるすべてのステークホルダーの人権を尊重した事業活動を進めてまいります。

不二サッシグループの環境方針

中期経営計画のメインメッセージである“サステナブル な社会実現への貢献『選ばれる企業グループへ』”のもと、設計、生産、施工等全てのプロセスにおいて環境負荷軽減に主体的に取り組んでおります。また、更なる環境配慮への取り組みとしてSBT認定取得やTCFD提言への賛同の活動を通じ、積極的に脱炭素経営を推進し社会的要請に応え、企業価値向上に努めて参ります。

基本方針

不二サッシグループは環境との調和を“経営理念”実現の課題の一つとして、すべての事業活動において、一人ひとりが環境の持続可能性を重視して行動し、継続的かつ積極的に「循環型企業」を目指す。

行動指針

不二サッシグループは、事業活動、製品及びサービスにおける全事業領域の活動として、以下の行動指針に従い環境保護を通してサステナブルな社会の実現に取り組む。

  1. 事業活動を通じて環境マネジメントシステムの継続的改善と環境負荷低減を図り、気候変動等への対応を通してSDGsへの貢献を目指す
  2. 法規制及び同意したその他の要求事項を順守する
  3. 省エネルギー・省資源及びクリーンエネルギー商品を開発する
  4. 開発、購入、生産、使用、廃棄の各段階で、省エネルギー・省資源及び3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進し、循環型ビジネスを拡大する
  5. 化学物質や排出物・廃棄物による環境汚染を防止する
  6. 環境教育と啓蒙活動を実施し、従業員の意識向上に努める

ISO14001認証取得

当社は既に千葉地区・本社地区・東京地区・関西地区(関西不二サッシ㈱)において、認証取得済みです。また、関連会社では不二ライトメタル㈱、日海不二サッシ㈱、協同建工㈱が認証取得しています。今後は関係会社も含め拡大認証取得に向け推進していきます。

    不二サッシ㈱    

    不二ライトメタル㈱

    日海不二サッシ㈱  

    協同建工㈱